年末の行事(除夜) 12月31日


「除夜」という言葉に見える、「除」という字は、「掃除」などにも使われるように、「お清めをする」という意味があります。つまり、翌日の節分を前に、お清めをする夜ということで「除夜」といいました。あるいは、カレンダーを換えるので、「暦を除く夜」という意味もあるとされています。その意が転じて、現在では大晦日の夜を除夜と称するようになりました。

かつての旧暦の頃は、1月1日は、1年の始めの日でしたが、合わせて立春でもありました。よって、今でも「新春」という言葉をお正月に使うわけです。

この日には、「除夜の鐘」を撞く行事が有名です。この日に鐘を108回撞く意味については諸説あるようですが、一番良く知られているのが、108という数が人の煩悩の数であり、これを消除するためであるとされています。他にも、1年の12ヶ月+24節気+72候を合わせて108とする説や、四苦八苦を4×9+8×9=108として数える説もあるようです。

また、本来は除夜だけでなく、毎日の朝・夕に撞かれるべきものですが、普段は略して18回に留められます。このような、鐘を鳴らすことは中国の宋の時代に始まったものとされており、『勅修百丈清規』には「慢十八声、緊十八声、三緊三慢共一百八声(訳:弱く撞くこと18回、強く撞くこと18回。それぞれ3回(18×3=54の2倍)繰り返して合計108回)」と記されています。

とかく、様々な理由はありますけれども、それはさておきまして、除夜を迎える前に大掃除をし、心穏やかに年末を過ごしたいものです。