両祖忌(りょうそき) 9月29日


両祖さまは、曹洞宗の檀信徒にとって信仰の上で特に大切なお方です。現在の日本曹洞宗では、明治10年(1877)12月20日に制定された「祖師忌改正条例」によって、太陽暦での9月29日に両祖が示寂したとし、その日を両祖忌と定めています。

道元禅師は、建長五年(1253)8月28日に54歳で、瑩山禅師は、正中2年(1325)8月15日に62歳で亡くなられましたが、「祖師忌改正条例」では、太陽暦では、いずれも9月29日になるということで、この日を両祖忌と呼び、曹洞宗の各寺院では報恩の法要を営みます。

また、道元禅師の生誕を祝う高祖降誕会(こうそごうたんえ)(1月26日)、瑩山禅師の太祖降誕会(たいそごうたんえ)(11月21日)も、大切な聖日です。

以下には、その両祖忌にて宣読される「両祖忌疏」の訓読文をご紹介いたします。両祖さまの御威徳を、漢詩にして表現したものです。

 

【両祖忌疏】
浄法界の身、本と出没無し、
大悲の願力、去来を示現す。
仰ぎ冀くは真慈、俯して照鑑を垂れたまえ。
日本国 都道府県 某郡市町村 何山何寺住持法孫比丘某甲。
今月今日、恭しく高祖承陽大師 太祖常済大師 大般涅槃の辰に値う。
虔んで香華燈燭山蔬野茗の微供を備え、特に現前の法孫を集め、恭しく真前に就いて、経呪を諷誦す、集むる所の殊勲は、上み慈恩に酬いん者なり。
右、伏して以れば、
万里の波涛を超えて、空手還郷、遠く天童の異苗を玲瓏巌畔に植え、
四代の盂鉢を承けて通身喫飯、直に永平の霊木を羯鼓林中に挿む。
是に於いてか、
天下出世の道場、永く古仏の徳を讃仰し、
日域無双の禅苑、常に至尊の恩に報答す。
誠に知る、
眼蔵の遺篇は、綿密の祖道を興起し、
伝光の秘録は、豁達の禅風を宣揚す。
既に九十余巻の妙典有り、
何ぞ五十二代の法灯無からんや。
越渓の水は、鶴湾に注いで、普く三界を霑し、
吉峰の雲は諸嶽を繞って、広く万邦を蔭う。
仰ぎ庶くは、
日月双べ懸けて、光明を一万四千の門刹に輝かし、
父子親密にして、慈悲を十方億万の人天に垂れたまわんことを。
謹んで疏。