年始の行事 「修正会」(しゅしょうえ)


新しい年の始まりにあたり最初に営まれる法要です。かつては、正月修法を略して「修正会」といいましたが、現在の曹洞宗ではこの名称は用いていません。元旦から三日まで行われたことから「三朝祈祷会」ともいいます。元旦を期して、一年間の世界平和や檀信徒の健康、仏法の興隆を祈ります。多くの寺院では『大般若経』による祈祷法要として行われていました。

もともとは、「悔過」という儀式をつとめ、前年の過ちを悔い、修正する法要で奈良時代に始まりました。

現在でも、良き一年を迎えんがため、行われる大切な法要ですし、合わせてお札なども配られる場合もあるかと思います。もし、開催の案内が来ましたら、一年最初のお寺参りということで、足をお運びください。