授戒会


1、お釈迦さまの最期の教えと戒の意味

お釈迦さまはお亡くなりになるとき、お弟子たちに最期の説法をなさいました。その説法のはじめに、「私の入滅後(死後)は、何よりも戒法を敬い尊ぶ生き方をしなさい。そうすれば、人生は明るく、心豊かに暮らせるのだ」と示され、「戒を敬い守って行くならば、私が生きているのと変わりがないのだ」とまでお諭しになっておられます。「戒律為先の言、すでにまさしく正法眼蔵なり」と『正法眼蔵』「受戒」巻に示される如く、曹洞宗において戒とは、深い信仰に根ざした生活を送る決意を促す教えであります。戒を受けることによって「無益な殺生などはとうていできない(不殺生)」「他人のものを盗むことはとうていできない(不偸盗)」という慈悲の心に基づく生活習慣が生まれ、人間として正しい生き方が確立されるのです。

 

2、授戒と受戒

授戒は戒法を授けていただくことですが、この場には、授ける人と、授けるものと、受ける人がいます。 授ける僧を戒師といい、授けるものとは菩薩戒という戒であり、戒を受ける人を戒弟といいます。そして、戒法を授けていただいた証として「血脈」を頂載します。したがって、授戒とは戒師の側からいう言葉であり、受戒は戒弟の側からの言葉となります。

 

3、十六条の菩薩戒について

戒は、正しい生き方をし仏さまとの「約束」を守り、自発的に「仏としての行い(仏行)」を、日夜実践することが大事です。大乗仏教ではこの約束を菩薩戒と呼んでおり、曹洞宗も菩薩戒を重んじます。そして、菩薩戒の内容を十六条立てて、実践するべきだとされています。

十六条の戒法とは以下の通りです。

三帰戒
・帰依仏                                             ・帰依法                                              ・帰依僧                                             戒のもっとも根本となる、仏法僧の三宝に対する帰依(真心を尽くして敬うこと)を三帰といい、これが仏教徒としての生き方の根本となることから、三帰戒という「戒」を付けて表します。


三聚浄戒
・摂律儀戒(悪いことはしない)                                 ・摂善法戒(善いことをする)                                                       ・摂衆生戒(全ての衆生を救う)
菩薩戒の基本となる考え方です。最初の二項目は、過去七仏に通底する教えである、「諸悪莫作・衆善奉行」に繋がるものですが、三項目は、これこそ菩薩戒の本質といえる内容です。これを、三帰戒に続いて約束します。


十重禁戒
・不殺生戒(殺さない)
・不偸盗戒(盗まない)
・不貪婬戒(犯さない)
・不妄語戒(誤ったことをいわない)
・不酤酒戒(酒に溺れない)
・不説過戒(他人の過ちを説かない)
・不自讚毀他戒(自らを褒め他人を謗らない)
・不慳法財戒(教えも財産も他人に渡すことを惜しまない)
・不瞋恚戒(怒らない)                                                ・不謗三宝戒(仏法僧の三宝を謗らない)

三聚浄戒の「摂律儀戒」の具体的内容が、この十重禁戒です。「悪いことをしない」と誓うわけですが、それはこの10の戒法に展開されています。

しかも、菩薩戒の場合には、最終的な目標は、自らの救済よりも先に、全ての生きとし生けるものの救済を願いますので、この項目はただ、悪事を止めるということではなくて、この実践を通して、生きとし生けるものを救うように進めていくのです。

 

4、受戒のすすめ

戒を受けることは、お釈迦さまのお弟子となり、真の仏教徒としての自覚を持ちながら、仏心の花を開くことです。戒師の導きにより、戒法を自覚したその証として「血脈」を授かります。授戒会の期間、聞法と礼拝を通じて、必ずや法〈仏の教え〉の徳が、みなさまの身と心を満たすことでしょう。世界の多くの人々が、仏心(仏性)に目覚めるための「授戒会」に縁を結ばれますよう切にお勧め申し上げます。