「曹洞宗婦人会だより~ミニ・きゃら~」平成22年9月号


管区研修会開催始まる

近畿管区研修会(6月15日)
京都市メルパルク京都にて開催。
講演 「やさしい仏教講座」 ひろきちや氏
フォークコンサート 「生きるLIVE」 長野たかし氏
この管区には京都・滋賀の2宗務所婦人会しかないが、管区内から200人をこえる参加があり、再会を喜び、またの再会を約束し合っていた。特に寺族の皆さまには婦人会の趣旨をご理解いただき、皆で楽しい活動をする宗務所婦人会の結成を強く望んでいる。
東海管区研修会(6月23日~24日)
伊東市ホテル東楽にて開催。
講演
「風に吹かれながら想うこと」 風の画家 中島潔氏
「み俳の教えをつなぐ人権の絆」 静岡県第二宗務所人権主事 臼井宗弘師
「お釈迦さまのご生涯とそのみ教え」 管区教化センター統監 神谷道宣師
「音楽療法とは」 音楽療法士 鈴木春枝氏

開催当番になった静岡県第二宗務所では宗務所婦人会を結成し、宗務所をはじめ寺族の方々のご尽力のおかけで有意義な研修会が行われた。

四国管区研修会(7月7日~8日)
徳島市かんぽの宿徳島にて開催。95人の参加者で行われた。
講演
「あ・い・う・え・お」 愛媛県宗務所梅花主事 福村俊弘師
「贈答のマナー」 全日本作法全教授 田中せい子氏
視聴覚研修 「お葬式って何だろう?」

梅雨の切れ間、吉野川と遠くに瀬戸内海を望む眉山に会員が参集。統監からの「自ら佛になって戻られるように」との励ましの言葉で始まり、マナー講習では慰の意味・正しい祝儀袋不祝儀袋について等「送り主の気持ちを作法の着物で包む」その作法心構えをふくさの使い方などを実技体験しながらお聞きした。福村氏は『愛・命・運・縁・恩』を「あ・い・うえ・お」に置き換えて笑いを誘いながらの講話。最後には講師自作の歌に会員も若返った気持ちで和やかに散会した。


  ミニ・きゃらトップへ