曹洞宗婦人会だより~ミニ・きゃら~平成23年10月


管区研修会
 

【近畿管区研修会】

期日:7月7日(木)

会場:京都市「メルパルク京都」

参加者数:211人

講演:「仏心は歌心―心の健康」大分県 勝光寺住職 南 慧昭 師

歌舞劇団 田楽座のおまつり産直便

 滋賀県宗務所婦人会・京都府宗務所婦人会と2カ所になってしまった近畿管区ですが、厚い心のある評議員のお陰で今年も研修会が開催されました。

 会場設定も寺院をお借りして、という案も出ましたが皆さまが集まりやすい所・参加しやすい所ということで昨年と同じ場所を選びました。内容も近畿管区教化センターと十分検討し、1人でも多くの会員の参加を願い、東日本大東災に心身ともに暗くなっている心を少しでも明るく勇気づけられるようにと考えました。「継続は力なり」を目標に近畿管区の婦人会に元気を取り戻そうと努力していきます。

【北海道管区研修会】

期日:7月20日(水)

会場:札幌市「中央寺」

参加者数:399人

講演:「出前歌説法―まごころに生きる」大分県 勝光寺住職 南 慧昭 師

講話:「まごころに生きる」曹洞宗特派布教師 札幌市薬王寺住職 田中清元 師

 研修会に先立つ7月7月、北海道管区ではグリーン・プランとして継続的に活動している「奥尻島災害復興記念植樹活動」を管区宗務所婦人会合同で行いました。

 全道各宗務所から90余人の会員が奥尻島に集い、被災17年を経た島内で慰霊法要と植樹を行い、併せて同じ津波被害に這われた東日本大震災被災地の復興を願いました。 研修会では植樹記念報告と同活動支援継続・東日本災害復興義援金支援を呼びかけました。 

 9月には九州管区、10月には中国管区・北信越管区・関東管区で活発に研修会が開催されます。また東北管区では9月29日にこれからの被災者支援のために私たちはどうすべきか研修会を開催します。

>>~ミニ・きゃら~ バックナンバー<<