曹洞宗婦人会だより~ミニ・きゃら~平成24年1月


 

 新しい年を迎え皆さまのご健康とご多幸をお祈り申し上げますと共に今年こそ平穏な良い年でありますようお祈り申し上げます。

 昨年は東日本大震災をはじめ、全国各地で災害がありました。豪雪・日本各地で頻繁に起こる地靂・局地的豪雨・酷暑・台風による長雨と災害続きの一年で、日本はどうなってしまうのかと心配になりました。私たちは自然の恵みに感謝すると共に自然への畏敬の念を忘れず自然環境を大切にしていかなければならないと思いました。それぞれの災害にあわれた方がたの一日も早い復興を願っております。今年も引き続き被災地への支援とボランティア活動を継続していきたいと思います。一仏両祖のみ教えである慈悲の心を大切にお互いを思いやり、向かいあい支えあい助け合って「利他行」の実践をしていきましょう。

 本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

中央研修会報告
 

日時 11月7日(月)・8日(火)

於 大本山總持寺三松閣

参加 評議員・本部役員計105人

 2011年は大本山総持寺さま御移転百年の記念すべき年にあたりますので会場を総持寺さまにお願いいたしました。ご本山の雰囲気の中で会員一同有意義な研修をしました。開講式では釜田教化部長より大震災支援活動に対して、お礼のご挨拶がありました。

法話 大本山總持寺布教部長 桂川道雄 老師

 常任理事会・理事会・.評議員会を同時に行い東日本大震災の被災状況と支援活動報告を本部・東北管区常任理事・宮城県・福島県の評議員が行いました。

きゃら委員会、ボランティア委員会管区懇談会

第二日目

坐禅

各管区研修会報告

管区懇談会の報告

役員改選について

講話

大本山總持寺後堂 盛田正孝 老師「御本山御移転100年について」

>>~ミニ・きゃら~ バックナンバー<<