曹洞宗婦人会だより~ミニ・きゃら~平成24年6月


4年間を振り返って

皆さまのご協力のお陰で、4年間執行部役員として何とか無事にその任を務めさせていただき、ありがとうございました。次期役員の方がたにも今以上のご支援ご協力をお願いいたします。4年間を振り返って檀信徒代表の中川初美副会長に、次のような感想をいただきました。

「平成20年より檀信徒代表の副会長としての重責を、これはお釈迦さまのお導きと心に誓い拝命いたしました。岡山から東京の本部へ楽しく通わせていただき、多くの出会いと学びがありました。東京へ行くと元気が出るのです。任期中には、大本山永平寺さまにおいて厳粛に開催されました曹洞宗婦人会創立35周年記念大会、カンボジアへ建設した小学校贈呈式参加、カンボジアの子どもたちへ絵本を届ける運動、災害被災地への支援、グリーン・プラン推進事業等々、数多くの事業に取り組ませていただき、檀信徒として未知の世界を多く学ばせていただきました。そして何よりも、地方ではお聞きすることのできない、多くのご老師さまがたの心に沁みる、心和む、有難いご法話を拝聴し、感銘を受けました。曹洞宗婦人会の他、女性団体は数多くあり、私もいろいろ関係していますが、いずれの会も、真髄は仏教の教えにあると私自身確信しています。仏教に関係のない人でも、ご老師のお言葉の一言を挨拶の中で伝えると、とても関心を示します。会員増加に繋がるのではないでしょうか。また、教化部長さまをはじめ、関係してくださった方がたには、いつも優しくご指導いただき頭の下がる思いです。あっという間の4年間、檀信徒としての提言にも真剣に耳を傾けてくださり、熱く語り合えた婦人会ファミリーでした。私の人生に於いて、とても充実した4年間でした。多くの出会いを大切にし、人生の宝として大切に記憶のページに留めておきます。ありがとうございました。」

婦人会活動はご住職・寺族の皆さまのお力によって成り立っています。特に、寺族の皆さまには檀信徒婦人に声をかけていただき信仰の輪を広げていただきたいと思います。
「ひろげよう 信じよう美しい心のふれあい」

 

事務局 
東京都港区芝2-5-2 曹洞宗宗務庁内 
TEL・FAX 03-3454-6454

>>~ミニ・きゃら~ バックナンバー<<