曹洞宗婦人会だより~ミニ・きゃら~平成24年10月


第2回常任理事会開催

残暑厳しい9月3日、9管区の常任理事に参集していただき後期の活動の件につきまして会議を行いました。
会議に先立ち、教化部長及び教化部係長の両氏の挨拶をいただき、当会の活動の更なる発展と、また、ご助成を賜りました。
議題に沿って報告と審議事項を討議いたしました。

報告
7月、九州北部豪雨災害に福岡県・大分県・熊本県の3県へ「きゃら基金」より義援金をお送りしました。
管区研修会も5管区が終了いたしました。どの研修会も盛会に終わり会員の親睦の輪が広がり、それぞれに次回開催を楽しみに終わりました。

機関誌「きゃら」編集について
新編集長を中心に企画会議を行い前号より早めに皆さまの手に届くよう努力いたしました。今年度総会報告、役員会議の様子などなど盛り沢山の内容で発刊になりました。皆さまの情報や郷土色豊かな原稿を募集しています。
次号の春号第67号を目指して奮闘を始めます。 

審議
今年度中央研修会について

開催日 10月8日(月)~9日(火)
会 場 曹洞宗檀信徒会館五階「研修道場」
内 容 評議員会・管区懇談会・人権学習・講演朗読家鈴木優子様復興支援プロジェクトについて
以上のような内容を計画しています。

東日本大震災支援継続について まだまだ、不自由な生活を強いられている方がたが大勢いる。被災地の様子を聞き、微力ではあるが支援していくことを決める。
これからの支援は物をあげるのではなく、仮設住宅に住むお年寄りが作成している品、現地の物品を取り寄せ買い求める支援を心がけたい。
「防災の日」には多方面で防災訓練などが行われた。忘れてはならない3・11のために、防災リーフレットの作成に取り組んでいます。これからはいかに災害から身を守るか、震災の教訓を踏まえ、地震をはじめ、自然災害から命を守るために何が必要だろうか。参考になるリーフレットを考案中。

 

事務局 
東京都港区芝2-5-2 曹洞宗宗務庁内 
TEL・FAX 03-3454-6454

>>~ミニ・きゃら~ バックナンバー<<