曹洞宗婦人会だより~ミニ・きゃら~平成25年10月


管区研修会報告

北海道管区研修会
日時 7月19日(金)
会場 北海道札幌市 中央寺
参加人数 418人
研修会基本テーマ 「まごころに生きる~東日本大震災を忘れない」
講師 北海道管区教化センター布教師玉峰寺住職 田澤豊彦師
講師 落語家 三遊亭好楽師匠

さわやかな暑さのなか、大勢の会員が集まりました。東日本大震災で大きな被害のあった宮城県からの特産品の販売や、荒澤義範宗議会議員より「お地蔵さんプロジェクト」の説明をいただき、募金運動協力のお願いをしました。また、東北の被災地3県の現状などのお話では会員の皆さまがうなずきながら真剣に聞いてくださる顔、顔、顔。

田澤豊彦師の講話では、仏さまに供える果物等、例えばバナナ等にビニールをかけたまま供えたのでは、いくら仏さまでも食べられないだろうと、ついつい私たちが常日頃やってしまいそうな間違いを教えていただきました。

三遊亭好楽師匠の講話では、超人気長寿番組、「笑点」での出演者の裏話など、大爆笑の中あっという間の一時を過ごさせていただきました。

会の参加のために前泊、終わってもう1泊と、遠路来てくださる会員に感謝です。

 

夏休み寺子屋子ども大学に参加して

7月24日・25日、8月5日・8日、会場は山形県第一宗務所にて開催されました。

寺子屋子ども大学とは、福島県内から山形県に避難している児童を対象に、大学生が先生役となって教育支援を行う活動等をしているNPO子ども支援フェイスブックプロジェクト主催の活動のひとつです。 

プロジェクトより協力依頼があり、山形県第一宗務所災害対策本部からの呼びかけを受け、当会飯田副会長・宗務所婦人会・寺族会の皆さまでお手伝いをいたしました。

協力内容は主に食事の提供でしたが、運悪く断水に遭遇し四苦八苦しました。思わぬ経験で大震災がより一層大きなものであったことを痛切に感じました。

事務局
東京都港区芝2-5-2 曹洞宗宗務庁内 
TEL・FAX 03-3454-6454

>>~ミニ・きゃら~ バックナンバー<<