曹洞宗婦人会だより~ミニ・きゃら~平成25年8月


管区研修会が始まりました

東海管区研修会
日時 6月4日(火)~5日(水)
会場 岐阜市「岐阜グランドホテル」
参加人数 約400人
講演 「坐禅の効用」
    東海管区教化センター統監 百瀬文康師
人権学習 「思いつくままに」
    元拉致担当相 中山恭子様

約400人の出席があり、大変にぎやかな研修会となりました。配布したしおりでは、婦人会の目指すものや年表形式の「あゆみ」、「きゃら基金」などの活動を紹介し、婦人会に初めて参加された方にもわかりやすいものにしてありました。五日朝食後、百瀬統監より「坐禅の効用」という内容で修行で一番大切な「坐禅」について、お話をいただきました。坐禅の様子も青年僧によって紹介され、椅子坐禅を体験しました。

 

四国管区研修会
日時 7月2日(火)~3日(水)
会場 愛媛県伊予市「ウェルピア伊予」
参加人数 約70人
講演 「現在71歳 花の浪人生」
    佐藤幸子様 山下アキ様
法話 「限りなき幸せを求めて」
    宮崎県見性寺住職久峩正意師
仏画を愉しむ「筆で簡単。誰でも書けるお地蔵さま」
    四国管区教化センター

「あした 今日より イキイキと」を研修会の副題に掲げて、開催した二日間でした。
講演は、ひきこもりを克服し、前向きに活躍している母と娘のお話でした。
久峩師の法話は、「幸せ」について考え、深く共感する内容で、また、歌謡曲「星影のワルツ」に合わせて「幸せの歌」を合唱いたしました。
「仏画を愉しむ」の時間は、筆、筆おき、半紙、はがきを準備し、「○を書くことから始まる」と教わり書き始めます。しかし、○を書くことが何と難しいことか。無心に筆を走らせ、ようやく、可愛いお地蔵さまができました。
毎年、管区研修会開催にあたっては、役員、会員の努力が結集されて、充実した内容で開催されています。

 

事務局
東京都港区芝2-5-2 曹洞宗宗務庁内 
TEL・FAX 03-3454-6454

>>~ミニ・きゃら~ バックナンバー<<