曹洞宗婦人会だより~ミニ・きゃら~平成26年3月


管区研修会報告・中国管区研修会

日時 平成25年12月11日(水)

会場 島根県大田市 県立男女共同参画センターあすてらす

参加人数 244人

講演 「まるごと認めて、傷つけない」

講師 島根県第二宗務所人権擁護推進 主事・洞光寺住職 池上幸秀師

講演 「自他ともに歩む幸せへの道~三宝に帰依する生き方~」

講師 前大本山永平寺布教部長 栃木県明林寺住職 西田正法師

世界遺産に登録された、石見銀山遺跡のある大田市で開催しました。

当初は10月9日~10日に開催する予定でしたが、台風27号の直撃が予想され、安全面を考慮してやむなく延期し、今回の開催となりました。

年末の慌しい時期でしたが、244名もの参加があり、お2人の講師から、ひときわ力の入ったお話を伺いました。

池上幸秀老師の講演では、「我々、人間社会に身を置いている限り、人との関わり合いは避けられない。生きて生かされていることを意識しなければならない。既成の固定概念に囚われず、思いや考えを停止状態から活動状態に働くように、常識、先入観、習慣から自らを解き放ち、新しいことに気づき、感動する柔軟な心を育てていきましょう」とのお話でした。また、「他の誤りを自分の誤りとし、他を『ゆるす』、自分を『ゆるす』心は安寧につながる」とのお話に、心穏やかになり、励まされ、生かされていることの幸せを感じられる一時を過ごしました。

お2人のお話を、これからの日常の生活に生かしたく思いました。

 

第三回常任理事会開催

去る2月4日、曹洞宗檀信徒会館三階「菊の間」にて開催しました。

平成25年度中央研修会の報告、平成26年度事業計画案や評議員会・総会についての議題に引き続き、平成27年に迎える曹洞宗婦人会創立40周年記念大会(於・大本山總持寺)について熱心に議論されました。

 

機関誌きゃら69号ができました

 

事務局
東京都港区芝2-5-2 曹洞宗宗務庁内 
TEL・FAX 03-3454-6454

>>~ミニ・きゃら~ バックナンバー<<