曹洞宗婦人会だより~ミニ・きゃら~平成26年5月


これからもご協力お願いします

機関誌『きゃら』69号に布地募集のお願いを掲載しました。その反響は大きく、16ヵ所以上の婦人会から生地が早速届けられ、飯田副会長のところから岩手県、宮城県の被災地のボランティア活動をしているところにお送りしています。

被災地支援のための商品購入の仲介にご尽力いただいている山形県第一宗務所災害対策本部の皆さまにも感謝しております。私たちの代わりに何度も被災地に足を運び状況を見聞きしてくださっています。

南三陸町でもようやく高台移転等に向けた嵩上げ工事が始まり、仮設住宅や仮設商店からの移転などが話題になっているようですが、みんなの思うようには進んでいないことがうかがわれます。被災地の方々は、様々な思いを抱きながら着実に前に進もうとされていますが、時間の経過とともに少なくなる支援に、落胆やあきらめ、疲れが見え始めているとのことです。

婦人会では大きなイベントを行うことはできませんが、日常的に長く支援し続けることが大切であると考えています。これからも息の長い支援ができますよう皆さまのご協力をお願い申し上げます。

もう一つご協力のお願いです。各寺院婦人会にはすでにご案内を発送しましたが、平成27年10月、創立40周年記念事業として発願しました「写経」奉納のお願いです。婦人会会員に限らず「写経」を納めたいと思う方がいらっしゃいましたら下記の事務局にご連絡ください。

「般若心経」の「写経」を、大本山總持寺さまに納経いたします。大本山總持寺二祖峨山韶碩禅師650回大遠忌、東日本大震災物故者供養、そして、40周年の為に心を込めて経文を写書してください。

台紙、用紙3枚セットで1000円です。7月には全国宗務所婦人会へ発送します。お預かりした写経は平成27年10月1日の記念大会当日にご本山に納経いたします。詳細は5月の総会終了後に改めてご連絡いたします。

曹洞宗婦人会40周年記念大会

開催日 平成27年10月1日(木)
会場 大本山總持寺

事務局 
東京都港区芝2-5-2 曹洞宗宗務庁内 
TEL・FAX 03-3454-6454

>>~ミニ・きゃら~ バックナンバー<<