【人権フォーラム】福島をもと通りに 原発のない福島を! 県民大集会


震災・原発爆発事故から2年

東京電力福島第1原子力発電所の苛酷な爆発事故から2年を経て、去る3月23日、福島市のあづま総合体育館を会場に、「原発のない福島を! 県民大集会」が開催された。福島県の被害者・避難住民を中心に、全国各地からの支援者も含めて、約7000人以上(主催者発表)の参加者が会場を埋め尽くした。

あの原発事故から強いられた避難生活や、いまなお収束とはかけ離れた放射能汚染などの現実を憂える県内外の人びとの熱気と焦燥感が会場をおおっていた。

地震・津波そして原発事故等に起因する「震災関連死」の方がたへの1分間の黙祷後、集会の冒頭で、呼びかけ人の吉岡棟憲師(福島市円通寺住職)からの開会挨拶があった。

「私たちが人間らしく生きていくためには、人権・平和・環境の保証がなければなりません。しかし東京電力原発事故が起こした悲惨な状況において、福島の子どもたちが外でのびのびと遊ぶ権利も、家族が仲良く過ごすことも、お年寄りが住み慣れた故郷の中で過ごすことも奪ってしまいました。家族や家庭という小さな平和を、昔から築いてきた地域のコミュニティーという生活自体を奪っていきました。そして、幾千年とかけてつくりあげたこの美しい福島の大自然を破壊し、動植物、水や空気のにおいさえ奪ってしまいました。このような人権侵害と環境破壊について、国、東京電力はいまだに心底から謝罪することなく、嘘と隠蔽を重ねています。私たちは絶対に許すことはできません。福島を取り戻すためにこの集会を開催します。私たちの思いがかならず日本中に世界中に行き渡ることを願ってやみません」と集会の趣旨を訴え、最後に次のことばで挨拶を締めくくり、参加者からの賛同の拍手がこれに応じた。

福島の 浜通り 中通り (会津を含めて)もと通り!

次いで、県民大集会の呼びかけ人代表あいさつがあった。集会主催者の五十嵐史郎氏は「核と人類は共存できません。核廃棄物の処理方法も最終処分場もないままに原発を始めた無責任さに改めて憤りを感じます。2度と原発災害を引き起こしてはなりません。新たな核廃棄物を作り出してはなりません。先人たちが育んできた豊かな自然を原発災害で放射能まみれにしてしまった社会。その社会を構成する一員として、放射能の不安がない未来をつくる責任と義務が私たちにはあります」と呼びかけた。

ジャーナリストの鎌田慧氏が全国の支援者のひとりとして連帯のあいさつに立ち、県民の反対にもかかわらず、福島県内の原子炉の再稼動すら東電や国が否定しない動向に対して、「国と東電によって生活を破壊された福島を含めて、原子力発電の再稼動を認めてはならない」と呼びかけた。

伝えることの大切さ 高校生の訴え

次いで、福島県民からの現状報告と訴えがあった。

深刻な産業被害を受けているJAや漁協などの生産者団体からの報告後、3番目に報告の壇上に立ったのは、今春、南相馬市の小高工業高校を卒業し、福島県内の大学へ進学した高野桜さんだ。高野さんは「高校生平和大使」として国内外に福島のきびしい現状を伝える活動をしている。

高野さん自身、家族が県の内外で離ればなれで暮らしたり、いたるところにモニタリングポストが設置されたりしている異常さに疑問を呈した。彼女はスイスのジュネーブやブラジルの若い人たちとも大使として親善交流する中で、国内の同世代よりも、外国の学生の熱心な反応や質問があったことにも触れて、「事故を経験したからこそ伝えていける。伝えることの大切さを学んだ」と新鮮な視点を語り、会場からひときわ注目を浴びた。

集会宣言 原発との訣別を
 
県民大集会プログラムの最後は、集会宣言の提案とその採択である。その要旨を以下に紹介しよう。

原発事故から2年の月日が経過しているが、「いつ終息するとも知れない深刻な状況が続いて」いる。にもかかわらず、「国民一般の意識の中で、(東京電力)福島原発事故はすでに過去の出来事になりつつあるのではないかとの懸念」を福島県民は強くしているという。

「放射能では誰も死んでいない」と宣伝されてはいるが、退避途中と避難生活の中で、千数百名の震災関連死があり、さらに低線量被曝への不安や避難生活という名の人権侵害が高じている。

原発事故・災害の収束はおろか、放射能汚染の根本的な除染も見通しのない今、福島県民がもっとも懸念していることは、「問題は第1原発5・6号機、および第2原発の1~4号機の扱いです。県知事と県議会はともに、県内10基の原発すべての廃炉を求めています‥‥しかし東京電力はこれを受け入れていないどころか、再稼動を当然の前提としているかのように、6基の原発の保守管理をすすめている」ことである。

福島県は原発事故の一方的な被害者という側面だけではなくて、「福島県と地方自治体は確かにかつて原発を誘致した経緯があります。原発の立地と運転による経済的利益があった」ことを率直に認めた上で、「原発を抱え込むことのリスクが途方もなく巨大であり、金銭的な利益と天秤にかけることなどできないことを身をもって」知り、「原発を誘致したのは間違いだった」と断言する。このような認識と声を、福島県外と世界に発信することが譲ることのできない「福島県の生き方」と宣言し、「原発依存からの脱却=原発との訣別」が福島県民の出発点・大前提だと結んでいる。

忘れないこと 心に記憶すること

福島県内でも原発の維持や存続については、多様な意見があるかもしれない。いずれにせよ「核燃料発電」の不合理と無謀さへの仮借なき認識を経ずには、すべての議論は空転するだけだ。

私たちは福島のこのような声に耳を傾けているだろうか。福島県内の新聞等ではトップでこの集会を採り上げてはいるが、大手マスコミは正面から報道していない。福島の原発事故は意図的とまでは言わないまでも、自主規制のようなかたちで、消去され隠蔽されているのではないか。

震災と事故から2年を経て、「あの日を忘れない」という特集が報道されているが、他人事だから「忘れない」などと言えるのだ。当事者は「忘れられない」し、あまりの苛酷さに「忘れてしまいたい」とさえ思うだろう。

忘れてもいいことは自然に記憶が薄らいでいくのは自然の摂理だ。しかし、忘れてはならない原発の災禍と危機は、県外の者がしっかりと心に記憶し刻みつけていかなければならない―救いの秘訣は心に刻むことにこそ―

(人権擁護推進本部記)