【International】曹洞宗両大本山南米別院佛心寺


両大本山南米別院佛心寺

皆さまはブラジルと聞くと、どのようなイメージを頭の中に浮かべますでしょうか。カーニバルが有名なリオデジャネイロや、広大なアマゾン地帯を想像されるのではないでしょうか。

しかしブラジルにはサンパウロという都市があります。ここは南半球最大の大都市であり、19世紀ころから始まったヨーロッパ各地や日本からの移民により多彩な民族が集まり、南米における最大の文化の中心、情報の発信地として注目を浴びています。


両大本山南米別院佛心寺は、サンパウロ市の中心地にある東洋人街「リベルダージ地区」のサンジョアキン通りにあり、国際空港から車で約40分、地下鉄の駅から徒歩五分の場所に位置し、「サンジョアキンのお寺さん」と檀信徒や、近隣の人々から親しまれております。お寺の周辺は、以前まで日本人街として知られていましたが、近年はアジア各国から多くの移民が居住するようになり、名称も「東洋人街」と呼ばれています。

生け花教室の風景

高階瓏仙禅師を開山として、1959年に南米別院は設置され、その後、現在の場所へ移転しました。2009年には創立50周年を迎え、開山堂、坐禅堂を備えた大鑑閣が落成しました。

佛心寺の主な活動としては、降誕会、成道会、涅槃会等の年中行事、冠婚葬祭や坐禅会はもとより、文化教室(梅花、書道、生け花、料理教室)のほか、婦人会が主催する古着市バザーがあります。アパレシーダ観音無遮施食会ではお参りした方々に食事を振るまい、地蔵まつりでは安産祈願などの法要を厳修します。檀信徒や仏教徒以外の方々もお寺の行事などに関わりが持てるような催しを企画しています。

また大鑑閣では、開山堂や坐禅堂のほか、納骨仏壇棚を設置し定期的に永代供養を行い、いつでもお参りができるようになっています。初心者対象の坐禅会では、日系、非日系の老若男女が参加しており、坐禅に興味を持っていただいた方々は、毎月最終日曜日に行う「一日摂心会」や年に3回開催する「摂心会」に参加します。

アパレシーダ観音無遮施食会

佛心寺の設立当初は「日系コミュニティのための寺院」として、現在では「すべての人々がみ仏の教えや日本の文化に関わりあえる寺院」として地域に根付いています。

今年、南米では国際布教110周年を迎えます。8月24日は、ペルー共和国リマ市日秘文化会館にて、25日には、ペルー共和国リマ市カニエテの慈恩寺にて記念行事を予定しています。この機会に是非南米にお越しいた生け花教室の風景だき、サンパウロ市の佛心寺へも足をのばしていただければ幸甚に存じます。

 

 

基本情報

寺院・禅センター・ 道場名 : 両大本山南米別院佛心寺
責任者 : 采川道昭
住所 : Rua Sao Joaquim 285, Bairro da Liberdade, Saopaulo-SP CEP:01508-001, BRASIL
電話/Fax : +55-11-3208-4515/+55-11-3208-0418
E-mail/Web : busshinji_sp@hotmail.co.jp/: http://www.sotozen.org.br
アクセス : (地下鉄)サンジョアキン駅より徒歩5分 (車)グアリューリョス国際空港から約40分
使用言語 : 日本語・ポルトガル語・英語
宿泊について : 不可

 

行事

[坐禅会]
日時 : 月曜日10:00~/朝課
火曜日から日曜日6:30~8:00
月、火、水、木、土曜日18:00~20:00
毎週水曜日、土曜日18:00より初心者坐禅会
料金 : 無料

[摂心]
日時 : 毎月最終日曜日/一日摂心
毎年/報恩摂心、冬摂心、臘八摂心
料金 : お問合せください

 

備考

月間行事

月忌法要 : 第2日曜日10:00~
梅花教室 : 第1、3木曜日13:30~
書道教室 : 第1、3火曜日13:30~
生花教室 : 第1、3金曜日9:00~
料理教室 : 不定期
観音施食会 : 最終木曜日12:00~、毎月最終土曜日19:00~
地蔵まつり : 奇数月最終土曜日13:30~

年間行事

1月 : 新年大般若祈祷会、新年会
2月 : 涅槃会、古着市
3月 : 秋彼岸会
4月 : 花祭り降誕会、古着市
5月 : バザー、文化祭、敬老会
8月 : 盂蘭盆会、古着市
9月 : 春彼岸会、両祖忌
10月 : バザー、達磨忌、
11月 :フィナードスお盆会
12
月 : 成道会、餅つき、忘年会、除夜の鐘