【International】南アメリカ国際布教110周年記念行事開催報告


日本秘露友好親善之鐘の除幕式

南アメリカ国際布教110周年記念行事が、8月24日(土)・25日(日)の両日にわたって、ペルー共和国内で開催されました。

初日となる24日は、日秘文化会館(リマ市)大ホールを会場とし、南米各地や日本から参加した僧侶約50名、ペルー日系人や関係者の方々など約210名が参列されました。

現地時間午後3時より「日本秘露(ペルー)友好親善之鐘贈呈式」が小島泰道教化部長を導師として執り行われ、除幕式に引き続き関係者による撞き初めが行われました。

除幕された鐘

除幕された鐘は全国の有志の方々からの寄付金をもとに日本国内で鋳造されペルーの地まで運ばれたもので、幾多の人の協力を得て、この日を迎えることができました。

この鐘はペルー日系人協会に贈呈されるもので、『南米開教壱百拾周年記念日本秘露友好親善之鐘』と彫られ、110年前に曹洞宗より辞令を受け南米へ布教された上野泰庵老師を顕彰する内容も刻まれています。

今後は日秘文化会館に設置され、その鐘の音は日系人のみならず、ペルーの人々の心に響き渡り、両国の友好関係がさらに深まることでしょう。

 

引き続き行われた「南アメリカ国際布教110周年慶讃法要」では、始めに、ペルー、アルゼンチン、コロンビア、エクアドルからの参列者による献灯・献華が行われ、小島教化部長が導師のもと、厳粛な雰囲気の中にも盛大に法要が営まれました。

おわって、大本山永平寺御専使・小林昌道副監院、大本山總持寺御専使・乙川暎元監院、小島教化部長が曹洞宗宗務総長の代理として、各々祝辞を奉読しました。

 

その後、小林昌道副監院が「南アメリカ国際布教物故者諷経」の導師を務められ、日本より参列された宗侶がた、南アメリカ宗侶がたにより南アメリカで布教従事された諸老師がたへの供養焼香が行われました。

続いて乙川暎元監院が「開拓移民並びに日系人物故者慰霊法要」の導師を務められ、ペルー日系人協会をはじめ関係者、参列者が物故者を偲び焼香に進まれました。

 

南アメリカ国際布教110周年記念行事(日秘文化会館大ホールにて)

午後6時30分より催された記念晩餐会は、日秘文化会館大ホールの法要会場にて、宗侶や一般参列者合計約160名が参加されました。

小島教化部長の挨拶から始まり、ペルー日系人協会会長山城晃氏から乾杯の発声がかけられ、参加者からも「サルー!」「サウージ!」「乾杯!」と色々な乾杯の声がかけられました。清興ではペルーの民族舞踊が披露され、終わりに采川道昭南アメリカ国際布教総監の謝辞で幕を閉じました。

 

2日目の25日は、リマ市内からおよそ160キロメートル離れたカニエテ市慈恩寺が会場となり、参列者は日秘文化会館で梵鐘を撞いてから移動しました。

慈恩寺は1907年に上野泰庵老師が日系移民の協力のもと開創された南米で最古の寺院で、お彼岸やお盆にはたくさんの日系人が先祖供養のためお参りに訪れる寺院です。

当日、天候は快晴、南半球は冬ですが少し汗ばむほどで、現地時間午前11時よりカサブランカ・サンビセンテの両墓地にて、日系人協会代表の方々による献花ののち、大本山總持寺知客兼布教教化部・竹之内道彦国際室長が導師のもと詣塔諷経が行われました。宗侶約30名、日系人を中心に大使館職員や野口英世学園などの生徒も含めた一般参列者約80名が参列し焼香されました。また、慈恩寺では墓参に行かない方々に向けて、櫛田充道特派布教師による法話が行われました。

「慈恩寺開山歴住諷経」の風景

現地時間午後1時より、日暮宗豊裏千家淡交会師範が献茶式を行い、采川道昭総監が「慈恩寺開山歴住諷経」の導師を務められ、慈恩寺の開山である雲外泰庵大和尚(上野泰庵老師)の位牌の開眼法要も併せて行われました。

引き続き、現在慈恩寺の国際布教師として活躍している大城慈仙老師が「慈恩寺盂蘭盆施食会」の導師を務められました。

慈恩寺での各法要では、南米各地や日本から参加した宗侶約50名、一般参列者200名以上が参列し、祖先の霊を供養されました。法要が終わったあとカニエテ婦人会による食事がふるまわれ、参列者一同はこの心のこもった食事を頂戴し、全ての行事が終了しました。

 

最後に、2日間にわたる南アメリカ国際布教110周年記念行事の無事円成に伴い、ご尽力賜りました多くの皆さまをはじめ、「日本秘露友好親善之鐘」寄贈に対し、ご理解とご協力を賜りました皆さまに、心より感謝申し上げ、このご報告をもって御礼に代えさせていただきます。本当にありがとうございました。

 

(南アメリカ国際布教総監部発)