【International】ヨーロッパ国際布教総監部管内 観照寺


観照寺入り口

観照寺の僧侶育成ならびメンバーへの布教教化の責任者はフォーレ泰雲国際布教師です。師は平成15年、師匠である南澤道人老師(現大本山永平寺副貫首)から、ヨーロッパの地で曹洞禅の教えを広めるため、そして次世代の教師の育成のために伝統的な曹洞禅寺院を創設することを託され、その寺院が観照寺となりました。フォーレ師はかつて、曹洞禅の教えを初めてヨーロッパで広めた弟子丸泰仙老師の下で修行を始め、弟子丸老師が遷化した数年後、南澤道人老師に師事することとなりました。

寺院の運営は、欧州諸国の数百人のメンバーで構成されている観照寺の法人グループの援助によって成り立っており、お寺では毎日、坐禅、諷経、作務や講義など、伝統のある曹洞宗の行持に従って修行されています。観照寺は常住の安居修行者も多い僧堂形式の寺院であり、毎日の行持を通した修行に重点をおき、日々の修行のなかで常に仏の道を歩むことを目指しています。

毎月の摂心、仏教講座、作務週間、またお袈裟の縫い方ワークショップなども頻繁に開催し、夏の10日間の摂心、冬の7日間の臘八摂心でも多くの方を受け入れています。その他各種催しや特別行持も1年を通して行っており、その1つとして挙げられるのは、毎年冬に伝統的な3ヵ月間の結制安居を修行していることです。

山内風景(奥手建物は坐禅堂)

隣人や地域の人々との関係性も大切にしており、オープンハウスの日には地域の人々は自由に寺院を内覧することができ、常住の僧侶による修行や禅について説明を受けることができます。また毎週一緒に坐禅をすることもできます。これらの活動により、観照寺の安居者も近隣の方々との有意義な時間を共有し、友好関係を築くことができており、地域のコミュニティにもなじんでいます。

短期または長期の間お寺に滞在し、観照寺の修行を体験していただくことも可能です。日本からも希望される方がいらっしゃれば郵送または電子メールでご連絡ください。

 

基本情報

寺院名 : 観照寺
赴任国際布教師 : フォーレ泰雲
住所 : Monastere Zen Kanshoji. 24450 La Coquille. France
電話 : +33(0)5 53520635
E-mail/Web : kanshoji@wanadoo.fr/www.kanshoji.org
アクセス : ラ・コキーユ駅から車で5分。またはリモージュ国際空港から車で40分。(Webサイトを参照してください)
使用言語 : 英語・フランス語
宿泊について : 最大 100人可

 

行事

[坐禅会 / 朝課・お昼のお勤め・晩課]
日時・料金 : 観照寺事務所に確認してください。
摂心 : 毎月行われます。不定期のためお問い合わせください。
備考 : 毎週水曜日8pmより初心者用の坐禅会あります。初回は予めご連絡ください。

 

~国際インフォメーションのバックナンバー~