【International】アラネオ禅堂(`Alaneo Zendo)


ハワイの歴史は多文化にわたる各家族のストーリーが集結してできたローカルのコミュニティーからなるものです。ハワイの子どもたちを見れば様々な人種が交じっていることが特徴として挙げられます。情報が瞬時に行き交うこの時代にあって、宗教とは一つの文化の中だけにとどまらず、またどこか固有の場所でのみ存在するのでもなく、ハワイに住む人々の生き方につながっていると感じます。

ki1609_1

仏教講座の様子

仏教はインドから中国へ渡り、さらに日本へと渡る中で、異なる文化背景や様々な要因から変化を遂げてきました。仏教ではすべてが無常であり移り変わって行くことは必然であると教えています。

だからこそ基本的な教えは変わらなくとも、教え方やその教えを受ける者によって、解釈や信仰の形もそれぞれの文化に合わせて順応していっているのです。

道元禅師や瑩山禅師の教えも海を渡ることにより、西洋の文化を取り込みハワイでも新たな形を作り出してきました。歴代の祖師から以心伝心の正法を受け継ぎ伝統を守りながらも、各地域の独自の風習や風土を取り入れて現地に溶け込んできました。

その正法と伝統を守りながらも、ハワイの地で新たな一面を開花したのがハワイ初の禅センター、ハワイ島ヒロ市のアラネオ禅堂なのです。ここでは幅広い人種と年齢層の人々に曹洞禅を布教し、坐禅会や仏教講座、さらには社会福祉事業を中心とした活動を行っています。

ki1609_4

坐禅会

アラネオ禅堂という名称は、これからもハワイで曹洞宗の教えを広める大切さを常に胸におくことを意図してハワイ語より名付けました。アラネオ(`Alaneo )とはハワイ語で「静寂・澄んだ・穏やかな」を意味します。

 アラネオ禅堂では色々な人種や他宗教の背景を持つ人々にも曹洞宗の教えを理解してもらえるように分かり易く伝えています。また、ここでは禅の教えを乞う人々が文化、人種、宗教を問わず教えを学べるように取り組んでいます。

 

アラネオ禅堂は立地が特徴的で、キリスト教の教会の敷地内の一角にある建物を使用して活動を行っています。この教会の神父である日野モキ師のご理解と協力のもと、多様性を求めた禅堂を築き上げることができました。

ki1609_2

アラネオ禅堂外観

アラネオ禅堂を設立する際には様々な苦難がありました。その中でもハワイ州政府と連邦政府に

宗教法人として認められるための書類審査は困難でした。また、活動を行っていく上でウェブページ(www.alaneozendo.org )の製作、年間行事や月行事、接心や坐禅会、コナ大福寺や他の寺院との共同で行うリトリート(修養会)等様々な行事の企画運営を行わなくてはなりませんでした。その多くを支えて来たのがアラネオ禅堂のメンバーであり、困難を共に乗り越えて今に至っています。これからもハワイ島ヒロ市だけに収まらず、ハワイ州内各地の人々と仏教を通じて手をつなぎ、より良いコミュニティーを作り上げられるよう精進弁道していきたいと考えています。

 

コナ大福寺との合同リトリート

ハワイ島ヒロ市へお越しの際は是非ともアラネオ禅堂へお立ち寄りいただき、大自然の中で坐禅を通じコミュニケーションを深めていただければと思っています。メンバー一同、皆さまを歓迎いたします。

(ハワイ国際布教師 ラング明心記)

  

 

 

 

~国際インフォメーションのバックナンバー~