6月13日シンポジウム「總持寺二祖峨山禅師をめぐって」開催


この度、大本山總持寺と鶴見大学仏教文化研究所が共催となり、平成27年度鶴見大学仏教文化研究所公開シンポジウム・峨山禅師650回大遠忌記念として、「總持寺二祖峨山禅師をめぐって」を開催します。

基調講演として、圭室文雄氏(明治大学名誉教授)を招き、「江戸期峨山派の動向」についてお話しいただきます。同氏は、『總持寺祖院古文書を読み解く 近世曹洞宗教団の展開』(発行:曹洞宗宗務庁)を始め、近世宗教史を中心に多くの書籍を著された歴史学者です。

他に尾崎正善師(鶴見大学仏教文化研究所客員研究員)、松田陽志師(駒澤大学准教授)、山口正章師(大本山總持寺副監院心得)、宮地清彦師(曹洞宗総合研究センター専任研究員)がそれぞれご講演されます。詳しくはこちらをご覧ください。 

日時   平成27年6月13日(土)  13:30~16:30(開場13:00)
場所   鶴見大学会館メインホール 地下1階  横浜市鶴見区豊岡町3-18
聴講料  無料(申込み不要)
共催     大本山總持寺・鶴見大学仏教文化研究所
公式HP   http://www.sojo.jp/
お問い合わせ  鶴見大学仏教文化研究所
                (FAX:045-581-1391  E-mail:bukke@tsurumi-u.ac.jp)