2月4日第12回「禅といま」(「禅といま」推進委員会主催)開催のお知らせ


「禅といま」推進委員会が主催する「寒中勉強会」は、仏教、禅に親しむ方がたが相集い、共に学び共に語らう一日勉強会です。

今回は、後藤サヤカ監督がメガホンを取った「Buddhist・今を生きようとする人たち」の上映をいたします。この映画は、“今を生きようとする僧侶たち”が仏の教えを通じて、個(自身)と社会をみつめる活動を、それぞれの切り口で行っている様子を追ったドキュメンタリー映画です。

映画の上映後は、椅子坐禅と、後藤サヤカ監督をはじめ、出演者でもある藤田一照老師(曹洞宗国際センター所長)と比経啓助氏(元日大芸術学部教授・宗教学者)との鼎談が予定されています。

会場の都合上、受講者を先着200名と限らせていただきます。是非、皆さまお申し込みください。

日 時/平成28年2月4日(木) 午後2時~午後4時頃(受付は1時30分より)
会 場/東京グランドホテル 「桜の間」 (先着200名)
受講料/お一人様2,500円

日 程/午後2時00分~ ごあいさつ
    午後2時10分~ 映画上映 「Buddhist・今を生きようとする人たち」
    午後3時20分~ 椅子坐禅・鼎談
            ・藤田一照老師(曹洞宗国際センター所長)
            ・後藤サヤカ氏(「Buddhist・今を生きようとする人たち」監督)
            ・比経啓助氏(元日大芸術学部教授・宗教学者)
    午後4時00分  閉講

 

受講方法/郵便振替用紙に必要事項をご記入の上、12月25日までに受講料をご送金ください。明年1月中旬頃に受講票のハガキを郵送いたします。

 00170-2-450289 「禅といま」推進委員会

 

主催/「禅といま」推進委員会
後援/曹洞宗・クラブツーリズム株式会社・合同会社メイジュ
連絡先/「禅といま」事務局(大龍寺・太田)
     TEL&FAX: 03-3207-0770   E-mail: zentoima@ybb.ne.jp

 

「禅といま」推進委員会 沿革

大本山永平寺「高祖道元禅師750回大遠忌」の文化事業の一つ夏期大学講座「禅といま」(平成12年~)を前身とし、現在は、大本山永平寺様から主催を引き継ぎ、曹洞宗有志寺院を中心に組織運営されています。昨年7月には開講15回目を修め「禅をとおして、今をどう生きるかを考える」をテーマに2,000名を超える会員組織となりました。また、公益的な文化事業として朝日新聞社の後援とともに、朝日新聞厚生文化事業団等をとおして震災復興支援にも協力をしています。