総合研究センター 「東京禅僧茶房2011~お坊さんの食卓」開催について


東京禅僧茶房2011~お坊さんの食卓~

食べなくては生きていけない。その事実は誰でも知っています。しかし日々の忙しさや、“食べたい時に”“食べたい物を”“食べたいだけ”“食べたいように”食べられてしまう今の日本の現実が、その“食”の大切さを忘れさせてしまっているのもまた事実です。

今回、私ども曹洞宗の若手僧侶は、現代日本の様々な食の問題に対し、禅の考え方や、世界一美しいとも言われる禅の食事作法などを通して、食のあり方を提言していきたいと思っております。
また、「坐禅」を実際に体験していただく時間もご用意します。お寺で「禅」を感じるひととき-「自分がわかる禅の講座」に是非お越しください。

詳しくは、禅僧茶房ホームページをご覧ください

イベント概要

◎
タイトル                    
「東京禅僧茶房2011~お坊さんの食卓」
◎ 開催日時 平成23年3月4日(金)17:00~21:00
                 3月5日(土)10:30~19:00
                 3月6日(日)10:30~17:00
◎ 会場 GALLERY「KINGYO」
〒113-0022 東京都文京区千駄木2-49-10
http://www13.plala.or.jp/sd602kingyo/
◎ 主催 曹洞宗総合研究センター教化研修部門研修部「Shojin-Project」日々“仏教”“禅”“福祉”などの学習・研修に励み、お寺離れが叫ばれる今日においていかに人びとに教えを伝えていけるかを考察・実践している20代から30代の若手僧侶たちの集まりです。
◎
参加費・
入場料                          
無料(ギャラリー、ワークショップ共)
◎ 定員 各回30名
◎ 申し込み ワークショップのみ
※事前予約制です(1月19日から公式WEBサイト上にて受付を開始します)。
※応募者多数の場合は抽選にて決めさせていただきます。
※イベント当日、参加者が定員に満たない場合、先着順で当日受付をいたします。
※参加できなかった方もワークショップの一部の見学はしていただけます。
プログラム内容

今回は、「つくる」「食べる」「生きる」という3つのテーマを設定し、それぞれのテーマから食のあり方を伝えます。

①パネル展示

食に関わる3つのテーマについて、私たちの伝えたいことをパネルにして展示します。ギャラリーには数名の禅僧が常駐し、来場者の質問にお答えします。

ギャラリーは開催期間中、常時ご覧になれます。
 
②ワークショップ

各テーマごとにワークショップを開催。体験を通して、パネルの内容などについてさらに理解を深めていただきます。ワークショップ回数は3日間で合計8回の開催予定です。

つくる   『精進だしってどんな味?』

食べる   『食即禅 ~体験!禅の食事作法』
        
生きる   『こころのじかん ~禅僧とみつけるちいさな気づき』

       
③実物展示

応量器(禅僧が食事等に使用する器)や食事に使う器具等の展示。また、修行道場における禅僧の食事風景の映像を放映予定。

④ 映画上映

ギャラリー2Fでは、プロジェクターを使って曹洞宗の食に関する映画を常時上映します。

⑤呈茶

ギャラリー1F中央に毛氈敷きの長椅子を設け、来場者におもてなしのお茶を出します。

⑥ブックカフェ

食に関する本・雑誌及び仏教に関わる書籍や漫画などを自由に手に取り、お茶を飲みながらゆっくりとお読みいただけます。

⑦フリーペーパー

パネルの内容等をまとめたフリーペーパー「Shojin」を来場者全員に無料配布いたします。

 お問い合わせ

曹洞宗総合研究センター 教化研修部門研修部「Shojin-Project」
広報担当:羽賀・守長
Tel:03-3454-6843(火~金 9:00~17:00) Fax:03‐3454-7180 
Eメール:shojin@sotozen-net.or.jp

昨年の模様や詳細はHPをご覧ください http://www.shojin-project.com