はじめに

 入賞されたみなさん、本当におめでとうございます。みなさんの作品は出品された多くの力作の中から特に優れ、輝いていました。私たち審査員もみなさんの作品に感動し、パワーをいただきました。

 課題の中に『諸法無我』というお釈迦さまの教えがありました。これは「我れ一人にあらず」ということです。一人では何もできない。みんな他の人の『おかげ』で生かされているのです。もちろん自分の努力がなければどうにもなりませんが、ささえてくれる両親や先生、みんなの力や励ましの中でのおかげなのです。

 今年は、前回の出品点数より少し増えました。来年の記念展を前にうれしいことです。多くの作品の中から『ひかる』作品をめざし、来年もチャレンジしてください。

 審査員一同みなさんのパワーを期待しています。


佐野丹丘
東洋書人連合理事長
西山隆崖
読売書法展理事
大石千世
(財)独立書人団審査会員
薄田東仙
毎日書道展審査会員
田中 登
駒沢学園女子高校教諭

>>表彰式の様子

>>イベント案内へ

ホームページ掲載の記事・写真等の転載はご遠慮下さい。 Copyright(c) Sotoshu Shumucho.All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.