4月19日付 産経新聞の記事について


4月19日付の産経新聞において「曹洞宗が簡易型の仏壇セットを配布へ」という記事が掲載されました。これは、従来から行われていた被災された檀信徒の方がたへの対応のひとつであり、曹洞宗災害援護規程に基づき、寺院からの「災害見舞品申請」により行われるものです。
記事の中にもありますよう、寺院からの申し込みを受け、管長猊下の「見舞状」、「見舞品」(タオル)にあわせ、家屋を失った世帯には「三ッ折三尊仏」を交付するものであり、檀信徒の皆さまからのお申し出に対して曹洞宗から個別にお分けするものではありません。
なお、この「三ッ折三尊仏」は出版部において頒布しておりますが、価格は3000円で、1500円という記述は誤りです。購入をご希望の方は曹洞宗ブックセンターまでお問い合わせください。
また、記事中では「計1万セットを配る予定」とありますが、特に数量については規定しておりません。ただし、かなりの数の申請が予想されるため、申請後、速やかに対応できない場合がありますのでご了承ください。

曹洞宗宗務庁 広報係

 

 

曹洞宗ブックセンター
フリーダイヤル 0120-498-971 (受付時間 午前9時~午後5時)
    (休日 土日ならびに祝日・年末年始)
FAX 03-3768-3561 (24時間受付)