被災地の自治体に義援金をお届けします


曹洞宗義援金に寄せられた浄財は5億円を超えました。皆さまのご協力に心から感謝申し上げます。
曹洞宗は東日本大震災により被災した人びとのため、寺院や檀信徒などの方がたからお寄せいただいた曹洞宗義援金から被災地の9県、44市町村の自治体に1億100万円(総額)を支援いたします。

6月8日には坂野総務部長が宮城、岩手、福島の県庁を訪問し、それぞれ1千万円の義援金を寄託いたします。その後も随時各自治体にお届けする予定です。
なお、すでに被災寺院に対しては一次配分として総額1億円余を配分しておりますが、今後も被災者救援のため役立ててまいりますので、引き続き勧募のご協力をよろしくお願いいたします。

曹洞宗義援金ご協力のお願い