平成23年7月新潟・福島豪雨により被害にあわれた方がたにお見舞いを申し上げます


新潟県・福島県で続いた記録的豪雨により一時47万人に避難指示、勧告が出されるなど、8月1日現在、死者4名、行方不明者2名、さらに多数の家屋が全壊や床上・床下浸水などの被害を蒙ったと報じられています。依然として一部の地域では避難を強いられ、ライフラインの復旧の目処が立たないなどの状況が続いています。
曹洞宗は、この災害により尊い命を失われた方がたのご冥福をお祈りするとともに、被害にあわれた方がたに心からお見舞いを申し上げます。