達磨忌


 

10月5日は達磨忌(だるまき)です。ダルマさんといえば、お寺やお宮の縁起物として、何度転んでも起き上がるダルマを思い出されることでしょう。これは、一説に、150歳もの長寿であったとの伝説や、その不屈の坐禅修行のさまにあやかったものであります。このダルマさんは、中国北魏・梁代頃のインドからの渡来僧と伝えられ、お釈迦様から数えて二十八代目のお祖師さま、禅宗の初祖とされるお方で、円覚大師菩提達磨と申します。

 

「碧眼の胡僧(青い目の異国の僧)」とも表現され、一説には、波斯国(現在のイラン)の人ともされます。この達磨大師のご命日が、10月5日なのであります。ちょうど全国の秋の収穫期、秋蚕の時に行われ、報恩とともに次の年の実りを願う気持ちも含まれています。伝記に関しては諸説ございますが、禅宗の伝統では、梁の普通八年(527年)に南海より広州(広東省)に上陸し、梁の都、建康(南京)に来て、武帝(蕭衍)と問答を交わし、帝との機縁がかなわず崇山少林寺に入って、面壁九年(九年間、壁に面して坐禅すること)したとされ、「壁観婆羅門」と称されました。

梁の武帝と達磨大師との間で交わされたとされる問答は以下の様に伝えられています。

 

如何なるか是れ聖諦第一義。(仏法の根本義は何でしょうか?)

磨云く、廓然無聖。(カラリと晴れ渡った大空のように、聖など何もない。)

帝云く、朕に対する者は誰そ。(一体、私の前にいるあなたは誰なのでしょうか?)

磨云く、不識。(そんな事は知らない。)

 

このほか、武帝が即位して以来、寺を造立したり写経したり、僧を得度させること、記録としてこれ以上の者がないほどであったが、一体どれほど多くのの功徳があるだろうか?とたずねた武帝に対し、「無功徳(功徳など無い)」と答えたとされます。

こうした問答は、「達磨廓然」として有名でありますが、史実ではないとしても、経論にとらわれず自己の真相に達することを目指す、菩提達磨の禅の思想をよく示しております。

ともあれ、この達磨大師さまが、第二十七祖の般若多羅尊者より正法を受け継がれ、大いなる化導の誓願をもって、中国に渡来されたことに学んで、我々も教化の正道を歩み、達磨大師の示された正しい禅風を益々広めることを誓う意味で、曹洞宗のお寺では、この達磨大師のご命日をお迎えして、報恩のご法要を営むのであります。