曹洞宗前管長 大道 晃仙 禅師がご遷化されました


曹洞宗前管長で大本山總持寺前貫首の大道 晃仙(おおみち こうせん)禅師が平成23年6月25日、北海道釧路市定光寺(じょうこうじ)にてご遷化なされました。93歳でした。
大道禅師は平成10年3月から大本山總持寺副貫首、平成14年10月から貫首に就かれ、その間4年6か月3度にわたり曹洞宗管長を務めました。この4月16日には貫首の職を引かれ、定光寺に戻られたばかりです。
ここにご遷化を悼み、謹んで哀悼の意を表します。