曹洞宗宗務庁で東日本大震災三回忌法要が執り行われました


東日本大震災から2年となる3月11日、曹洞宗宗務庁において庁内役職員参列のもと佐々木宗務総長を導師、内局を両班に東日本大震災物故者三回忌慰霊法要が執り行われ、読経のなか全員が焼香し、犠牲者のご冥福をお祈りいたしました。さらに、地震発生時刻の午後2時46分には執務中の役職員全員で合掌黙祷を捧げました。
 
また、全国の曹洞宗寺院でも地震発生時刻に洪鐘を撞き、三回忌追悼慰霊法要が修行されました。
被災地では今なお多くの方がたが大切な方を亡くした悲しみや苦しみを背負って日々を過ごしておられます。この震災で犠牲になられた方がたの慰霊と一日も早い復興を心からお祈りいたします。