仏教情報センター設立30周年記念大会が開催されました


5月6日、東京都港区の増上寺において、仏教情報センター設立30周年記念大会「共に生きる~仏教に導かれて~」が開催されました。

仏教情報センターは1983(昭和58)年に宗派を超えた若い僧侶によって立ち上げられ、「仏教テレフォン相談」などを通じて人びとの苦しみや悩みを受け止める活動を継続して行っており、曹洞宗の僧侶も多数参加しています。

記念大会では作家で僧侶の玄侑宗久さん、エッセイストの愛川純子さんの講演、シンガーソングライターで僧侶の三浦明利さんのライブコンサートなどがあり、また、閉会式では鶴見大学附属高校の生徒による散華の舞が披露されました。