国立劇場公演の「日本の太鼓」に曹洞宗総合研究センターが出演します


国立劇場の9月特別企画公演として、「日本の太鼓~祈り、千里に響く~」が9月28日(土)に行われます。

「日本の太鼓」は今回で33回目を数える企画で、全国各地に伝わる様ざまな太鼓を紹介しています。今回は「祈り」がテーマということで、曹洞宗総合研究センターが協力するかたちで、「大般若祈祷太鼓」を上演することになりました。太鼓の調べと僧侶の読経が混じりあう独特の響きをご観賞ください。多くの方がたのご来場をお待ちしています。

チケットのお求め方法など詳細はこちらをご覧ください。

http://www.ntj.jac.go.jp/schedule/kokuritsu_l/2013/2678.html

  

日時:9月28日(土)14時開演
会場:国立劇場大劇場 東京都千代田区隼町4-1
入場料金:一等4000円(学生2800円)二等2500円(学生1800円)