曹洞宗宗務庁で東日本大震災物故者追悼法要が行われました


3月11日、全国各地の宗務所役職員が参加して行われる実務担当者会議の開会式に引き続き、佐々木宗務総長を導師として東日本大震災物故者追悼法要が執り行われました。

また、この日、全国各地では追悼慰霊法要が修行され、地震発生時刻の午後2時46分には寺院の洪鐘が撞かれ、曹洞宗宗務庁においても役職員全員で合掌黙祷を捧げました。

多数の尊い命が犠牲になり、未曾有の被害をもたらした、東日本大震災から3年の月日が過ぎましたが、いまだに、たくさんの方がたが被災地や避難先で困難な生活を続けています。
この震災で犠牲になられた人びとに哀悼の意を表するとともに、復興が一日も早く進むことを心から祈念するものであります。