愛知学院大学野球部が曹洞宗宗務庁を訪れました


20140610_7宗門関係学校である愛知学院大学硬式野球部は愛知大学野球(1部)春季リーグにて3季ぶり46回目の優勝を果たし、第63回全日本大学野球選手権大会(6月10日から15日まで神宮球場他で開催)の出場を掴みました。6月10日、野球部の梶原康之コーチ、源田壮亮選手、泉地泰助選手が曹洞宗宗務庁を訪れ出場の報告を兼ね、大会への意気込みを伝えました。

既報のとおり、愛知学院大学は今大会の一回戦で、同じ宗門校の苫小牧駒澤大学と対戦することが決まっています。双方の健闘をお祈りいたします。