WCRP「平和のための宗教者研究集会」が開催されました


201406206月6日、世界宗教者平和会議(WCRP)日本委員会が主催する「第41回平和のための宗教者研究集会」が曹洞宗宗務庁のある東京グランドホテルで開催されました。

この会は、8月に韓国で行われる「第8回ACRP(アジア宗教者平和会議)」の事前学習会として行われ、総合テーマである「アジアの多様性における一致と調和」について理解を深めました。基調発題をSVA常務理事で近畿大学教授の秦辰也氏が務め、その後のパネルディスカッションではパネリストに秦氏、浄土宗総合研究所の戸松義晴氏、ムスリマ互助会「アル・アマーナ」代表の河田尚子氏、さらにレスポンダントとして元NHKの二階宗人氏が加わり意見が交わされました。