今年も福島「こども自然ふれあい広場」を開催します


20140624_1原発事故の影響により、福島の子どもたちは「外で遊ぶことができない・遊ぶ時間を制限されてしまう・高線量地域では自然に触れることができない」など、過度なストレスにさらされてきました。子どもの健全な成長のために、「遊び」や「自然とのふれあい」は大切ですが、その機会が極端に減っており、子どもたちはもちろん、保護者の方も胸を痛めています。

そこで、夏休みの期間中、福島の子どもたちが放射能の影響を気にせず、自然の中で思い切り遊ぶ場として、また、現地の子どもたちとの交流を通してお互いが成長する場として、「こども自然ふれあい広場」を開催しています。

これまで、宗門関係者のみならず、地域の様々な団体や個人の協力を得ながら、各地で開催してまいりました。

昨年は、秋田県、長野県、愛媛県の3会場で行い、今年は長野県、高知県、青森県、熊本県の4会場での開催を予定しておりますので、皆さまのご理解ご協力を、よろしくお願い申し上げます。

(本年は、既に参加者が決まっておりますので、募集はしておりません。あしからずご了承ください。)

20140624_2・高知県  7月22日(火)~25日(金)
・青森県  7月28日(月)~30日(水)
・長野県  7月28日(月)~31日(木)
・熊本県  8月18日(月)~22日(金)

詳細につきましては、復興支援室分室までお問い合わせください。
TEL:024-563-4305  FAX:024-563-4306  shien.soto@gmail.com