ラジオNIKKEI『私の書いたポエムスペシャル』公開録音が行われました


20141110_111月3日、大本山總持寺において曹洞宗提供ラジオNIKKEI特別番組『私の書いたポエムスペシャル』の公開録音が行われました。今年は1975年の放送開始から40周年を迎えることから、「受けつぐ心」をテーマに、リスナーからポエムを募集し、400通を超える作品が寄せられました。

当日は大本山總持寺・三松閣の会場に100名ほどのリスナーが訪れ、パーソナリティの長岡一也さんと大橋照子さんによる前説で暖かい雰囲気に包まれる中、収録がはじまりました。

はじめに大本山總持寺布教教化部長の山口正章師をゲストに、来年迎える大本山總持寺二祖峨山韶碩禅師650回大遠忌にちなみ「受けつぐ心」について、解説をいただきました。

表彰式では、審査委員長に作家の石田千さんをむかえ、長岡さんと大橋さんが優秀作品を受賞作品ごとに朗読し、「最優秀作品賞」をはじめ「40周年賞」「石田千賞」など合計6名の受賞がありました。

引き続き、歌手のジュディ・オングさんによるトークライブがあり、お父様より受け継がれた言葉や、ご自身が大切にされている格言などのお話いただき、代表曲「魅せられて」など2曲をご披露いただきました。

20141110_2収録の最後には、曹洞宗宗務庁教化部の大友博志師による「いす坐禅」の指導があり、来場者の方がたにも体験していただきました。来場者からは「はじめは緊張したが、すっきりした気持ちになりました」「心と体が一体になった気がします」などの感想がきかれました。

今回録音された『私の書いたポエムスペシャル』は、ラジオNIKKEI第一放送で12月31日大晦日に放送予定です。またその後はラジオNIKKEI「私の書いたポエム」の公式サイトにてオンデマンド放送もありますので、どうぞお聞きください。


「私の書いたポエム」は曹洞宗提供の番組で1975年にスタート。長岡一也さんと大橋照子さんをパーソナリティとして、今年で40年を迎える長寿番組です。毎週日曜日午後8時30分より9時までラジオNIKKEI、もしくはインターネットライブの「radiko」より放送しております。詳しくはこちらをご覧ください