戦後70年戦没者追悼法要が行われました


曹洞宗宗務庁は7月28日、檀信徒会館5階研修道場において、釜田宗務総長を導師として朝課に引続き「戦後70年戦没者追悼法要」を厳修しました。法要には内局及び役職員が参加し、戦没者の亡き御霊に祈りを捧げました。 

法要終了後には、釜田宗務総長より戦後70年を迎えるにあたっての所感が述べられ、参加した役職員たちは平和への誓いを新たにしました。

150730 (1)

導師 釜田宗務総長

150730 (2)