大谷哲夫師が東北福祉大学学長に就任しました


20151202_4宗門関係学校である東北福祉大学萩野浩基学長のご遷化に伴い、後任の学長に曹洞宗総合研究センター所長の大谷哲夫師が12月1日付で就任することが決まりました。11月30日には、曹洞宗宗務庁において、曹洞宗管長江川辰三禅師より直接辞令が手渡され、学校運営の任に就かれる大谷師に激励の言葉が述べられました。

 

大谷哲夫師
20151202_3東京都長泰寺住職。

曹洞宗宗学研究所の研究員を務めた後、駒澤大学教授、同大学長、総長を歴任し、現在は、曹洞宗総合研究センター所長(平成25年4月より)、都留文科大学理事長などを務める。

主著に「永平の風-道元の生涯-」(文芸社)、「道元禅師・おりおりの法話-永平広録に学ぶ」(曹洞宗宗務庁)などがある。