釈尊降誕会・灌仏会が厳修されました


4月7日、曹洞宗宗務庁5階研修道場における釈尊降誕会法要に引き続き、曹洞宗檀信徒会館1階に設けられた花御堂前で、曹洞宗宗務庁・釜田隆文宗務総長の導師のもと灌仏会(かんぶつえ)が厳修されました。

4月8日の釈尊降誕会正当より1日早く開催された今回の法要でしたが、参列した檀信徒会館職員ら関係者や宿泊客は、読経の中、焼香した後、花御堂の中に安置された誕生仏に甘茶をかけ、釈尊の誕生をお祝いしました。

法要後には、甘茶が振舞われ、参加者は花まつりの静かなひとときを味わっていました。

なお、花御堂は4月9日まで飾られておりますので、檀信徒会館をご利用の際には、誕生仏に甘茶をかけて、共に釈尊の誕生をお祝いください。