天台宗新内局の皆さまに表敬訪問いただきました


平成29年3月14日付で天台宗宗務総長に就任した杜多道雄師をはじめとする天台宗内局員7人が、4月17日、曹洞宗宗務庁を表敬訪問されました。

曹洞宗側は釜田宗務総長以下、内局全員で迎え、和やかな雰囲気のなか杜多総長による就任の挨拶、釜田総長による歓迎の挨拶、各内局員の紹介などが行われました。

杜多総長は、本年8月に開かれる比叡山宗教サミット30周年「世界平和祈りの集い」が、仏教界および宗教界をあげての一大行事となるように期待を寄せていることにふれ、今後も教団間の協力・交流を続けていきたいと、意見を交わされました。

懇談後にご一行は、檀信徒会館および宗務庁の執務の様子を見学された後、職員が見送る中、帰路につかれました。