管長就任式が執り行われました


平成24年1月22日に曹洞宗管長に就任された大本山永平寺貫首福山諦法禅師の管長就任式が2月20日午前10時より、第114回曹洞宗通常宗議会に先立ち、曹洞宗宗務庁において執り行われました。
管長就任式は大本山總持寺貫首 江川辰三禅師、両大本山監院、さらに内局、参議、宗議会議員、審事院、課長の法定聚会で、福山禅師が導師を務め祝祷諷経が執り行われ、その後江川禅師よりお祝いのお言葉が述べられました。
また、福山禅師はご垂示のなかで、東日本大震災における被災者へのお見舞いと、今の混沌とした世の中には、一仏両祖のみ教えが求められていると示されました。
管長福山禅師導師による祝祷諷経 大本山總持寺貫首江川禅師の祝偈