第45回 曹洞宗青少年書道展 受賞者発表


 
 

《はじめに》

入賞のみなさん、おめでとうございます。東日本大震災で被害をうけられたみなさまには、心よりご冥福とお見舞いを申し上げます。

そんななか、第45回の記念展を迎えました。ご応募のみなさんの激減を考えておりましたが、わずかの減でとどまりました。それも被災者のみなさんを元気づけるような力強い作品の数々で、審査員一同感動し、パワーをいただきました。

課題に『今を生きる』がありました。一寸先はだれにも見えません。今の瞬間瞬間を大切に生きることの連続が一生となります。この書道展に応募された事も、みな一瞬の一コマです。みなができるそれぞれの役割をなしとげて、すばらしい一生としたいものです。

この書道展を支えてくださいました出品者のみなさん、後援団体、宗門各寺院等、多くの関係するみなさまに深く感謝申し上げます。

審査員一同、これからもみなさまの力作を楽しみにしております。

 
薄田東仙  (社)全日本書道連盟理事
大石千世  (財)独立書人団評議員
室井玄聳  創玄書道会常務理事
西山秋蘭  日本書芸院審査員
船本芳雲  (社)書燈社顧問
 

特別賞受賞者の皆さんの一覧はこちらからご覧いただけます。