第12回夏期大学講座「禅といま」参加の皆さまより義援金が寄せられました


7月27日、「禅といま」推進委員会の櫻井孝順老師、峯岸正典老師、飯島尚之老師が宗務庁を訪れ、26・27の両日、曹洞宗檀信徒会館において開催された夏期大学講座「禅といま」にてお寄せいただいた義援金を寄託されました。
第12回を迎えた「禅といま」は、さまざまな分野の講師による講演や、精進料理を通じた食事作法や坐禅など多彩なプログラムによって構成されておりますが、今回は東日本大震災・チャリティー講座を兼ねており、全国から参加した330名の皆さまから多くの義援金が寄せられました。