復興祈念「願いをひとつに」写経展示のお知らせ


全国曹洞宗青年会では、東日本大震災後の被災地において様ざまな支援活動を行っています。今回お知らせする写経活動は、仮設住宅での傾聴活動の際に、写経による拠り所を提供し、少しでもこころの負担を軽減していただこうと昨秋よりスタートし、東北復興の願いを込めて全国から寄せられたものと合わせ、これまでに1,471枚が集まりました。(2013年8月末日現在)

この写経を一人でも多くの方がご覧になり、そこに込められた想いに触れていただくために、下記の期間、福島県福島市の浄土平ビジターセンターにおいて、展示会を開催いたします。

この浄土平がある吾妻連峰は古くから信仰の山として知られています。当地において、「想い」や「願い」がこもった写経を集約し、ご来場いただいた全ての皆さまに、それらをお伝えすることは、この土地がもつ「信仰の山」としての魅力やエネルギーに触れるきっかけにもなり、ひいては、被災地に祈りを届けることにふさわしい場所でもあります。

展示会の開催期間は、当地の紅葉シーズンとも重なります。衣替えした山々とともに、一枚一枚に込められた想いを多くの方にご覧いただきたいと願っております。入場無料となっておりますので、是非お立ち寄りください。

開催期間:2013年9月11日(水)~10月27日(日)※期間中の休館日はありません。
開館時間:AM9:00~PM4:00
展示場所:浄土平ビジターセンターレクチャールーム
      〒960-2157 福島県福島市土湯温泉町鷲倉山(磐梯吾妻スカイライン・浄土平地内)
主  催:全国曹洞宗青年会

詳しくは以下のサイトにアクセスしてください。
http://www.bes.or.jp/joudo/blog/detail.html?id=5594

※お寄せいただいた写経は、展示会終了後、福島県伊達市成林寺様(旧全国曹洞宗青年会災害復興支援現地本部)に造立した納経塔に奉納いたします。