曹洞宗婦人会より、義援金が寄託されました


201503163月11日、曹洞宗婦人会の總見敬子会長はじめ役員の方々が宗務総長室を訪問し、曹洞宗義援金を寄託されました。

この寄託金は、婦人会が災害時等のため日頃から募金を行って備えている「きゃら基金」より支出されており、これまでにも、国内外を問わずの災害や社会福祉等、多方面に寄与されています。
曹洞宗婦人会は今年で創立40周年を迎えますが、「東日本大震災から4年の節目として寄託しました。東北だけでなく、広く役立てていただければ」と、婦人会の思いを話してくださいました。