世田谷学園より募金が寄せられました


1月28日、東京都世田谷区にある宗門関係学校の世田谷学園中学校・高等学校の名村理事長、山本校長らとともに、同校生徒会会長の京墓優(きょうづかゆう)さん、仏教青年会の貝野元法(かいのもとのり)さんが曹洞宗宗務庁を訪れ、歳末助け合い募金で集めた浄財を曹洞宗義援金に寄託されました。

 

20160128世田高募金京墓さんと貝野さんから釜田宗務総長へ浄財が渡され、宗務総長は「皆さんが歳末に一生懸命集めてくれた募金を受け取れることはありがたく、うれしく思う」と感謝の言葉を述べました。

 

この歳末助け合い募金活動は、同校の仏教青年会と生徒会が中心となり、毎年、年末に世田谷区三軒茶屋付近で行われるもので、昨年は12月12日に行われました。

 

曹洞宗義援金は国内外の災害時に、被災者の救援や被災地の復興に活用されます。