スリランカより東日本大震災に対するお見舞いの手紙をいただきました


3月23日、スリランカのラトナシリ・ウィックラマナヤカ民政・インフラ施設相より東日本大震災に対するお見舞いの手紙が曹洞宗宗務庁へ届けられました。
かねてから曹洞宗は、仏教国であるスリランカと交流をもってまいりましたが、スリランカでは日本を近しく感じてくださり、この度の災害において、衝撃を受けたこと、また苦しんでいる人びとと共にあることをお伝えくださいました。
手紙(日本語訳あり)はこちらから