被災地の自治体に義援金を届けています ①


既に6月7日の記事にてお伝えしておりますが、曹洞宗では9県、44市町村の自治体に義援金を寄託しています。
6月15日には、福島県宗務所長 吉岡棟憲老師と、同第14教区長 天野淳乗老師、災害対策本部員が南相馬市・相馬市・富岡町・浪江町・新地町・飯館町・川内村を訪問し、義援金を届けました。各自治体代表の皆さんから現地の状況を伺い、宗門としても支援を続けて行くことをお伝えしました。
今後も随時、各自治体へとお届けしてまいります。
左:南相馬市 桜井市長 中:吉岡所長 
右:天野教区長
ビッグパレットふくしまにて。
建物の周りにプレハブが設置され、仮役場となっています。