宮城県利府町より感謝状をいただきました


曹洞宗は東日本大震災により被災された方がたの支援のため、被災地の自治体へ曹洞宗義援金を寄託しています。(→関連記事はこちらから
10月7日、宮城県利府町より今回の支援に対する感謝状、さらに利府町特産の利府梨をいただきました。
震災から7か月が過ぎ、被災地では仮設住宅への入居がすすんでいますが、本格的な復興までにはさらに長い年月がかかるものと思われます。
引き続き曹洞宗義援金の勧募は続けておりますので、皆さまのご協力お願いいたします。
被災地の一日の早い復興を心からお祈り申し上げます。