曹洞宗婦人会関東管区より義援金が寄託されました。


2月9日、曹洞宗婦人会関東管区の代表の皆さまが宗務庁を訪れ、義援金を釜田教化部長、坂野総務部長に手渡されました。
釜田教化部長からは、来る3月11日に追悼並びに早期復興を祈願して洪鐘を撞き、一周忌法要の修行を各寺院に呼びかけていること(関連ページはこちら)などの説明がありました。
また、両部長から、これまで婦人会の皆さまから寄せられた様ざまな支援への感謝の気持ちと、これからも各関連団体と協力しあって復興を支えていただきたいとのお願いを申し上げました。