SVA主催・報告会「ネパールの震災から3年。ネパールの今と学校防災能力強化事業のチャレンジ」のご案内


2015年4月25日、ネパールでマグニチュード7.8の地震が発生し、47,700以上の教室が被害を受けました。震災から3年が経つ中、被害を受けた学校の多くは山間部にあり、支援の手を届けることは容易ではありません。

また、震災前からネパールでは、低い進学率や地域格差など、さまざまな課題を抱えていました。震災発生から5日後に緊急支援を開始し、2017年に首都カトマンズに事務所を開いてネパールの教育事業の改善のため、紙芝居を使った防災教育や災害に強い学校建設に取り組んできたシャンティの活動をご報告します。

2015年の大地震の後、いまネパールの復興は進んでいるの?
学校の防災力を高めるためにどのような事業が有効か?

ネパールでの支援活動の疑問に、ネパール事務所長の三宅隆史がお答えします。

                  記
内 容: 報告会「ネパールの震災から3年。ネパールの今と学校防災能力強化事業のチャレンジ」
     PDFチラシはコチラから

日 時: 4月13日(金)19:00~20:30(開場18:30~)

会 場: 聖心グローバルプラザ 2階 4-1教室(渋谷区広尾4-2-24)

参加費: 無料
                                以上

【お申込み・連絡先】
公益社団法人シャンティ国際ボランティア会
TEL:03-6547-4585 メール:pr@sva.or.jp